新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

【冷茶】冷たい玉露の作り方(1人分)

更新日:2022.7.26

こんにちは、新井製茶の新井です。
狭山茶の仕上げ加工・通販での販売を主にしております。

この記事では「冷たい玉露の作り方(1人分)」をご紹介いたします。
玉露の特徴は、濃厚な旨味です。
ですので、玉露は基本的には量を飲むお茶ではなく少量で旨味を楽しむお茶です。
ですが、この記事では暑い夏に合わせて水分補給できるように、かつ、玉露の特徴である旨味を引き出せる1人分の冷たい玉露の作り方をご紹介いたします
ちなみに、玉露と煎茶の違いは栽培方法です。
玉露は陽射しを遮る栽培方法です。
(陽射しを遮る栽培方法を被覆栽培と言いますが、これにより玉露は旨味の強いお茶になります)
対して、煎茶は露地栽培と言って陽射しを遮ることはしません。
製造方法・製造工程は変わりません。

今回淹れる玉露

宇治玉露

今回は宇治玉露を使い冷たい玉露を作ります。

用意する茶器について

一人分の冷たい玉露を作るための茶器など

250ccの急須、100ccの湯呑み2客、湯冷まし器2つ、300ccのグラス、ティースプーンをご用意ください。
グラスには氷を入れますので予めご用意ください
湯冷まし器をお持ちでなければ、200cc程の器であれば代用可能です

冷たい玉露の作り方(1人分)

それでは実際に、1人分の冷たい玉露を作っていきます。
美味しいお茶を淹れるポイントのお茶の量・お湯の量・お湯の温度・浸出時間にご注目ください。

冷たい玉露の「お湯の量」と「湯温の調整」

一人分の冷たい玉露の「お湯の量」

まず、ポットの100℃の熱湯を100ccの湯呑みの8分目(60cc)まで注ぎます

一人分の冷たい玉露の「お湯の温度」

湯呑みが温まりましたら、2つ目の湯呑みにお湯を移します。
2つ目の湯呑みが温まりましたら、次は急須にお湯を移します。
急須全体が温まったら湯冷まし器にお湯を移します。
湯冷まし器全体が温まると湯温は60℃程になります。
1煎目は玉露を60℃で浸出させます
湯温の下げ方は、お湯を器に移してその器全体が温まれば湯温は10℃程下がります。
今回の場合は、1つ目の湯呑みにポットの熱湯を移して90℃、1つ目の湯呑みから2つ目の湯呑みお湯を移して80℃、2つ目の湯呑みから急須にお湯を移して70℃、急須から湯冷まし器にお湯を移して60℃になります。

冷たい玉露の「茶量」

一人分の冷たい玉露の「お茶の量」

次に、お茶の計量をします。
玉露の1人分の茶量は3gです。
ですが、1人分のお茶を淹れる時は1人分の茶量では風味が薄くなりますので2人分のお茶の量にしてください
ですので、玉露の茶量は6gにします
ティースプーン山盛り1杯が3gなので2杯急須に入れます。

玉露の浸出時間

一人分の冷玉露「浸出時間」

湯冷まし器全体が温まったら、湯温は目標の60℃になります。
玉露の浸出時間は2分~2分30秒です
湯冷まし器のお湯を急須に注いだら、今回は2分浸出させます。

一人分の冷たい玉露(1煎目)

2分経ちましたら、200cc程の器に玉露を注ぎます。
最後の1滴まで注ぎ切ってください。
注ぎ終わったら急須の背中を叩いて蓋をずらしてお茶が蒸れるのを防ぎます。

冷たい玉露 2煎目

一人分の冷たい玉露「お湯の量」
一人分の冷たい玉露 2煎目のお湯の温度

2煎目を淹れます。
1煎目と同様に、湯呑みの8分目(60cc)までポットの熱湯を注ぎます
湯呑み全体が温まったら、次の湯呑みにお湯を移します。
2つ目の湯呑み全体が温まったら、湯冷まし器にお湯を移します。
湯冷まし器全体が温まると湯温は70℃になります。
2煎目は70℃で玉露を浸出させます

一人分の冷たい玉露 2煎目 浸出時間

2煎目の浸出時間は、1煎目ですでに葉が開いて成分が浸出しやすくなっているので短めにします。
長く浸出させると、渋味・苦味が強くなりますのでご注意ください。
今回は30秒浸出させます

一人分の冷たい玉露 2煎目

30秒経ちましたら、1煎目を淹れた器に追加で注ぎます。
最後の1滴まで注ぎ切ってください。
注ぎ終わったら急須の背中を叩いて蓋をずらしてお茶が蒸れるのを防ぎます。

一人分の冷たい玉露を氷を入れたグラスに注ぐ

氷を適量入れたグラスに注いで完成です
氷に当てるように注いでください。

一人分の冷たい玉露

まとめ

冷たい玉露の作り方(1人分)のポイントは2つあります。
1つは、玉露をお湯を使って通常通りに淹れますが、お湯の量を通常よりも多く使うということです
通常、玉露は1人3g、湯量20ccが標準です。
今回は玉露6gのところを、お湯を60cc使っています。
通常であれば玉露6gであれば、お湯は40ccなので、今回はお湯を20cc多く使っています。
もう1つは、お湯で浸出させた玉露を氷で急冷させることにより、氷を溶かし玉露を薄めたということです
多めの湯量と、温かい浸出液で氷を溶かすことにより玉露の濃厚な味を和らげることができ、さっぱりと飲める冷たい玉露に仕上がります

この記事がお茶好きのあなたのお役に少しでも立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

新井製茶からお知らせ

新井製茶では、お茶好きの方のために旨味を引き出した狭山茶を心を込めて仕上げ加工、通販をしております。

狭山深蒸し煎茶
狭山手摘み茶
狭山ほうじ茶
パウダー狭山茶
狭山紅茶ティーバッグ
送料185円セット商品

また、お茶好きの方へのギフト、贈り物としてもおすすめです。

狭山茶ギフト

狭山茶やお茶に関して、お悩み・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ