新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

【お茶の淹れ方の基本】廻し注ぎせずに、お茶の濃度を均等にする淹れ方

更新日:2022.1.23

狭山茶の仕上げ加工・通信販売をしております新井製茶の新井です。

この記事では「廻し注ぎをせずに、お茶の濃度を均等にする淹れ方」を紹介します。

この記事をお読みいただきますと、廻し注ぎが苦手な方でも、簡単にお茶を均等に淹れられようになります。

廻し注ぎとは、下記のような淹れ方です。

1⇒2⇒3と注いだら、3⇒2⇒1と戻る注ぎ方です。

廻し注ぎのやり方


結論から言ってしまうと、湯冷まし器を使うと数人分のお茶の濃度を均等に淹れることができます。

茶器について

早速ですが、今回使用する茶器を紹介します。

茶器について

250ccの急須(3人用)、100ccの湯呑み3客湯冷まし器ティースプーンをご用意ください。

今回は、深蒸し煎茶を使って説明します。

狭山茶の深蒸し煎茶の茶葉(リーフ)

それでは実際に「廻し注ぎをせずに、お茶の濃度を均等にする淹れ方」を説明します。

美味しくお茶を淹れるポイントの、お茶の量・お湯の量・お湯の温度・浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)に注目してご覧ください。

お湯の量

お湯の量・お湯の計量の仕方

ポットの100℃の熱湯を湯呑み3客に60ccずつ注ぎます。

この湯呑みの場合は8分目が60ccになります。

お使いの湯呑みのどの位が60ccか、予め把握しておくことをおすすめします。

これでお湯の計量ができました。

湯呑み全体が温まったら、急須にお湯を移します。

お湯の温度

お湯の温度

煎茶の湯温の適温は70℃~80℃です。

今回は湯温80℃で淹れます。

湯温の下げ方は、器にお湯を移し、その器全体が温まれば湯温は10℃程下がります。

今回はポットの100℃の熱湯を湯呑みに移して90℃、湯呑みのお湯を急須に移して目標の80℃です。

急須全体が温まったら、湯温が80℃になります。

急須にお茶の葉を入れるために、一旦急須のお湯を湯呑みに移します。

廻し注ぎなし 湯呑みにお湯を移す

お茶の量

お茶の量(お茶の計量)

お茶の葉の量は、1人2g~3gです。

今回は1人2gで淹れます。

ティースプーンすり切り1杯が2gなので3杯急須(6g)に入れます。

浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)

浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)

今回淹れるお茶は深蒸し煎茶なので、浸出時間は30秒です。
(浸出時間は、淹れる煎茶の蒸し具合で調整してください)

お湯を注いだら、2煎目のために水位を確認し30秒待ちます。

注ぎ方

廻し注ぎなし 注ぎ方

ここがこの記事でのポイントですが、湯呑みに注ぐのではなく湯冷まし器に注ぎます。

濃いお茶が好みなら、急須を数回傾けて淹れてください。

さっぱりしたお茶が好みなら、1回傾けて淹れてください。

最後の1滴まで注ぎ切ります。

注ぎ切ったら急須の背中を叩いて、蓋をずらしてお茶が蒸れるのを防ぎます。

湯冷まし器のお茶を湯呑みに注いで完成です。

廻し注ぎなし 湯冷まし器で注ぎ分け

2煎目に関してですが、1煎目を湯呑みに注がず湯冷まし器に置いておき、2煎目を合わせても美味しいです。

淹れ方としては、ポットの熱湯を急須の1煎目の水位まで注ぎ、すぐに湯冷まし器に注いでください。

その日の気分やお好みで、1煎目と2煎目を別々に楽しむか1煎目と2煎目を合わせるか、決めてください。

1煎目と2煎目を別々に飲むと、1煎目と2煎目の風味の違いを楽しめます

1煎目と2煎目を合わせると、味に奥行き(コク)が出でて美味しいです

まとめ:【お茶の淹れ方の基本】廻し注ぎせずに、お茶の濃度を均等にする淹れ方

この記事では、廻し注ぎの代わりに湯冷まし器を使うことによって、お茶の濃度を均等にする淹れ方を紹介しました。

廻し注ぎが苦手な方は、ぜひお試しください。

ただし、デメリットが1つあります。

それは湯温がやや低くなることです。

今回の淹れ方ですと、湯冷まし器を温めていないので、お茶を注ぐと若干ですが湯温が低くなります。

気になる人は、予めお湯等で湯冷まし器を温めておくことをおすすめします。

【狭山茶の通販・オンラインショップ】新井製茶からのお知らせ

新井製茶では、旨味を引き出した狭山茶を心を込めて仕上げ加工、通販をしております。

狭山茶に興味があれば【狭山茶の通販】オンラインショップをご覧ください。

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ