新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

【冷茶】冷たい粉茶の作り方(1人分)

更新日:2022.7.29

こんにちは、新井製茶の新井です。
狭山茶の仕上げ加工・通販での販売を主にしております。

この記事では「1人分の冷たい粉茶の作り方」をご紹介いたします。
お読みいただけると、粉茶を使ってとても美味しい冷茶を作ることができます。

粉茶について

粉茶は、煎茶を仕上げる際に唐箕(とうみ)と呼ばれる風力選別機で抜いた軽い部位です。
つまり、形で分けているのではなく、重さで分けています。
また、勘違いされている方が多いのですが、パウダーのお茶とは別物です。
パウダーのお茶は挽いているのでお湯に溶けやすいですが、粉茶は溶けないのでお飲みになる際は急須を使って淹れます。

煎茶から粉を抜くのは、粉を煎茶に残すと粉の渋味・苦味が煎茶に残り、煎茶の味を邪魔するからです。
粉茶は、渋味・苦味が強く濃度のあるお茶なので、お湯で浸出する場合は甘いものを食べる時や食事の時に一緒に飲むのがおすすめです。
ですが、今回ご紹介する1人分の冷たい粉茶の作り方をしますと、さっぱりとした渋味のある飲みやすい冷たい粉茶を作ることができます

今回使う粉茶

静岡県掛川産の粉茶

今回使う粉茶です。
静岡県掛川産の粉茶です。

冷たい粉茶を作るための茶器など

冷たい粉茶を作るための茶器など

250ccの急須、500cc程のグラス、ティースプーンをご用意ください
グラスには予め氷を入れるので適量をご用意ください

冷たい粉茶の作り方(1人分)

実際に1人分の冷たい粉茶を作っていきます。
美味しいお茶を淹れるポイントのお茶の量・お湯の量・お湯の温度・浸出時間に注目してご覧ください。

粉茶の量

冷たい粉茶の茶量

まず、粉茶の計量をします。
粉茶は渋味・苦味が強く、味が濃いので煎茶と同じ量を使うと非常に苦くなります
ですので、1人分は1gで十分です
しかし、1人分のお茶を淹れるのに1人分の茶量では風味が薄くなりますので、1人分のお茶を淹れる時は2人分の茶量にします
ですので、今回は粉茶を2g急須に入れます。
ティースプーンすり切り1杯が1gなので2杯急須に入れます。

粉茶の湯量・湯温と浸出時間

冷たい粉茶の湯温と湯量

次に、ポットの100℃の熱湯を200cc急須に注ぎます
200ccが急須のどの位の水位か予め把握しておくと便利です。

冷たい粉茶 グラスに注ぐ

浸出時間は取らずに急須にお湯を注いだらすぐに氷を入れたグラスに注いでください
最後の1滴まで注ぎ切ります。

一人分の冷たい粉茶

まとめ

粉茶は、渋味・苦味が強く味が濃いのが特徴です。
ですので、粉茶を淹れるポイントとしては、お茶の量は少なめに、浸出時間は取らないか短時間で湯呑みに等に注いでしまうことです
湯温に関しては、低温より高温の方が粉茶の味を楽しめます。
ご紹介した1人分の粉茶の作り方をしますと、さっぱりとした渋味を味わえる冷茶に仕上がります。
粉茶を手に入れた際には、ぜひお試しください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事がお茶好きのあなたのお役に少しでも立てたら幸いです。

新井製茶からお知らせ

新井製茶では、お茶好きの方のために旨味を引き出した狭山茶を心を込めて仕上げ加工、通販をしております。

狭山深蒸し煎茶
狭山手摘み茶
狭山ほうじ茶
パウダー狭山茶
狭山紅茶ティーバッグ
送料185円セット商品

また、お茶好きの方へのギフト、贈り物としてもおすすめです。

狭山茶ギフト

狭山茶やお茶に関して、お悩み・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ