新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

【日本茶】緑茶の種類【8種の緑茶を徹底解説】

更新日:2022.1.27

狭山茶の通販・オンラインショップをしております新井製茶の新井です。

この記事では、日本茶(緑茶)の種類について解説します。

この記事を読むと、日本茶(緑茶)の全体像がわかります。

日本茶(緑茶)は、当然ですが、日本で栽培・加工されたお茶です。

植物的には、ツバキ科ツバキ属チャ節というグループに属します。

つまり、日本茶(緑茶)はツバキ科の植物です。

ちなみに、学名は「カメリア・シネンシス」です。

日本茶(緑茶)は、おチャの生葉を摘みとった後、すぐに蒸しています。

この「蒸す」ことが、日本茶(緑茶)の特徴です。

なぜなら、日本茶(緑茶)の緑色は、蒸して熱を加えることによって保たれているからです。

摘みとった生葉を熱を加えずに放置しておくと、萎れて赤みを帯びてきます。

この生葉を萎れさせることを「萎凋」と言います。

萎凋させて造られるお茶が、烏龍茶や紅茶です。

まとめますと、日本茶(緑茶)は萎凋させず、摘みとり後すぐに蒸したお茶ということになります。

日本茶(緑茶)の種類

日本茶(緑茶)には、8種類のお茶があります。

1つずつ紹介します。

・煎茶

煎茶5種

煎茶は、日本茶(緑茶)の代表です。

煎茶は、陽射しを十分に浴びたおチャを蒸して揉みながら乾燥させたお茶です。

煎茶の中にもいくつか種類があり、蒸し具合の若い(浅い)ものから浅蒸し煎茶・普通蒸し煎茶・中蒸し煎茶・深蒸し煎茶・特蒸し煎茶といった種類があります。

これらは、煎茶を蒸し具合で分類しています。

煎茶の蒸し具合の比較

特蒸し煎茶・中蒸し煎茶・浅蒸し煎茶の比較

お茶の形状に注目してください。

浅蒸し煎茶は、蒸し時間がごく短いため、お茶の葉の組織が壊れにくく形状が残りやすいです。

↓浅蒸し煎茶

浅蒸し煎茶

これに対して、特蒸し煎茶は蒸し時間が長いために、お茶の組織が壊れやすく形状が残りにくいです。

↓特蒸し煎茶

特蒸し煎茶

中蒸し煎茶は、その中間の煎茶です。

味や香りの特徴に関しては、浅蒸し煎茶や普通蒸し煎茶は蒸し時間が短いために、お茶本来の味や香りが楽しめます

これに対し、深蒸し煎茶や特蒸し煎茶は蒸し時間が長いために、お茶本来の渋味や香りは弱くなるものの強火火入れに向いているお茶なので、加工によっていかせるお茶です。

・玉露

玉露

玉露の製造方法は、煎茶と同じで蒸した葉を揉みながら乾燥させています。

煎茶と異なるのは、栽培方法です。

煎茶は陽射しを遮らずに育てたお茶です。

これに対して、玉露は摘みとり前の3週間程、陽射しを遮って栽培します。

陽射しを遮ることにより、おチャの葉に旨味成分が残り、旨味の強いお茶になります。

ちなみに、玉露の旨味はとても強いので、初めて飲まれる方は「出汁のようだ」と表現される方が多いです。

玉露・普通蒸し煎茶の比較

玉露の方が、普通蒸し煎茶よりも濃緑で鮮やかな色なのは、陽射しを遮って栽培されたためです。

おチャは陽射しを遮ると、葉に葉緑素を集めます。

そのため、玉露は濃緑で鮮やかな緑色になります。

・かぶせ茶

かぶせ茶

かぶせ茶の製造方法も煎茶・玉露と同様です。

異なるのは栽培方法です。

玉露同様に陽射しを遮って栽培されますが、玉露よりも期間は短く摘みとり前の1週間程陽射しを遮ります。

かぶせ茶は、玉露と煎茶の中間的なお茶で、淹れ方次第で、玉露風にも煎茶風にも淹れられます。

玉露・かぶせ茶・普通蒸し煎茶の比較

上の画像でわかる通り、玉露の方がかぶせ茶よりも濃緑で鮮やかな色なのは、陽射しを遮った期間が玉露の方が長いためです。

・碾茶(てんちゃ)

碾茶(てんちゃ)

碾茶は、抹茶の原料のお茶です。

碾茶をパウダー加工(粉末加工)したのが抹茶です。

碾茶の栽培方法は玉露と同様で3週間以上陽射しを遮って育てます。

碾茶の製造方法は、玉露とは異なる製造方法です。

パウダー加工するために揉む必要がなく、蒸した後、乾燥させます。

碾茶の状態では基本的に流通することはなく、パウダー加工された抹茶として消費者に届きます。

・玉緑茶

釜炒り製玉緑茶・蒸し製玉緑茶の比較

蒸し製玉緑茶

玉緑茶は、蒸し製・釜炒り製の2種類があります。

「蒸し製の玉緑茶」は煎茶と同様の製造方法ですが、製造工程の最後のお茶の形を針状にする工程を経ずに造られたお茶です。

このため、蒸し製玉緑茶の形状は「勾玉」のように丸まった形状をしています。

煎茶・蒸し製玉緑茶の比較

煎茶と比較すると、蒸し製玉緑茶の方が形状に丸みがあるのが分かると思います。

釜炒り製玉緑茶

釜炒り製玉緑茶

冒頭で生葉を蒸したものが、緑茶になるとお話をしました。

摘みとられたばかりの生葉に熱を加えると、緑茶特有の緑色が保たれます。

この熱の加え方には、数種類の方法があります。

煎茶などの日本茶(緑茶)は、蒸して熱を加える製法です。

これに対して、釜炒り製玉緑茶は文字通り、釜で炒ることにより生葉に熱を加える製法です

この「釜炒り製法」は、中国から伝わりました。

日本では、主に九州地方(佐賀県・長崎県・大分県・熊本県)で生産されている珍しいお茶です。

・後発酵茶(黒茶)

後発酵茶は、特殊な製法のお茶ですが、生葉にまず熱を加えている点から考えて緑茶の分類に入れられます。

地方によって製法が特殊なので、この記事では手元にある2種類の後発酵茶を紹介します。

・富山県の「バタバタ茶」

富山県「バタバタ茶」

1つ目の後発酵茶は、富山県の「バタバタ茶」です。

バタバタ茶の過熱方法は「蒸し」です。

蒸した後に乾燥させ、3㎥~5㎥程の大きな「室(むろ)」と言われる入れ物に入れ、カビによって発酵させます。

攪拌を数回行い、天日乾燥させて完成です。

バタバタ茶の名前は、バタバタと慌ただしく泡を点てるところから由来しているそうです。

・徳島県の「阿波晩茶」

徳島県「阿波晩茶」

もう1つの後発酵茶は、徳島県の「阿波晩茶」です。

阿波晩茶は「茹でる」ことによって熱を加えています。

茹でた後に揉みこみ、その後樽に漬け込み、乳酸菌で発酵させています。

その後、樽から出し、ほぐして天日乾燥させて完成です。

・その他の日本緑茶

以上の日本茶(緑茶)の他にも「番茶」や「再加工茶」があります。

・番茶

番茶は主に仕上げ加工で篩い分けられた大きな部位を火入れ加工したお茶です。
(その他、刈り番茶秋冬番茶などもあります)

・再加工茶

再加工茶には、ほうじ茶玄米茶が挙げられます。

ほうじ茶は、茎茶や番茶を焙じ機で焙煎加工したお茶です。

玄米茶は、蒸した白米や玄米を乾燥させたものと、番茶や2番茶(1番茶もあり得ます)と1:1程の割合で合組(ブレンド)したお茶です。

まとめ:【日本茶】緑茶の種類【8種の緑茶を徹底解説】

以上、この記事では煎茶・玉露・かぶせ茶・碾茶・玉緑茶・後発酵茶・番茶・再加工茶、8種類の日本茶(緑茶)を紹介しました。

YouTubeチャンネルでは、上記全てのお茶の淹れ方を紹介しておりますので、良ければご覧ください。
上記の動画の説明欄にリンクを張っております)

【狭山茶の通販・オンラインショップ】新井製茶からのお知らせ

新井製茶では、旨味を引き出した狭山茶を仕上げ加工、通販をしています。

狭山茶に興味があれば【狭山茶の通販】オンラインショップをご覧ください。

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ