新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

【茶葉から作る】水筒用ほうじ茶の作り方

更新日:2022.6.28

こんにちは、新井製茶の新井です。
狭山茶の仕上げ加工・通販での販売を主にしております。

この記事では「茶葉から作る水筒用ほうじ茶の作り方」をご紹介いたします。
ご紹介する水筒用ほうじ茶の作り方をしますと、ペットボトルのお茶よりも美味しくお得に、水筒用ほうじ茶を作ることができます
ちなみに、ほうじ茶とはどういうお茶かというと、番茶や茎茶を焙機で焙煎したお茶のことです。
番茶は葉の部分、茎茶はもちろん茎の部分です。
個人的には、葉を焙煎するよりも茎を焙煎したほうじ茶の方が香りも味も甘くすっきりしているので、茎ほうじ茶をおすすめします。

今回使うほうじ茶

狭山 茎ほうじ茶

今回使う狭山茶の茎ほうじ茶です。

水筒用ほうじ茶を作るための茶器等

水筒用ほうじ茶を作るための道具

600ccの急須、500ccの水筒、浄水器を通した水400cc、茶匙をご用意ください。

水筒用ほうじ茶の作り方

ほうじ茶の計量

ほうじ茶の量

それでは実際に、水筒用ほうじ茶を作っていきます。
まず、ほうじ茶の計量をします。
今回は、500cc程のほうじ茶を作りますので、9gのほうじ茶を計量します
茶匙山盛り1杯が3gなので、3杯急須に入れます。

ほうじ茶の湯温と湯量と浸出時間

水筒用ほうじ茶 お湯の量

次にポットの100℃の熱湯を100cc程急須に注ぎます
ほうじ茶がお湯に浸るほどで構いません。
ほうじ茶の浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)は30秒です

水筒用ほうじ茶 水の量

30秒経ちましたら、予め計量しておいた400ccの水を急須に追加で注ぎ、さらに30秒浸出させます

水筒用ほうじ茶を水筒に注ぐ

30秒経ちましたら、水筒に注ぎます。

水筒用ほうじ茶500cc

常温になりましたら、お好みで冷蔵庫で冷やしてください。

まとめ

今回は、茶葉から作る水筒用のほうじ茶の作り方を紹介いたしました。
水筒用のほうじ茶を作るポイントは、水ではなく100℃の少量の熱湯で、まず初めにほうじ茶を浸出させることです
水ではなく、まず初めに熱湯でほうじ茶を浸出させることにより、味と香りがはっきりします

また、メリットは2つあります。

1つは、水だけで浸出させるよりも短時間で作れるということ
もう1つは、ペットボトルのほうじ茶よりも安く作れるということです
100g500円のほうじ茶で500cc作るとすると、45円で作れて割安です。

このほうじ茶の作り方をしますと、ゴクゴク飲める美味しいほうじ茶を作ることができます。
ぜひお試しください。

新井製茶からお知らせ

新井製茶では、お茶好きの方のために旨味を引き出した狭山茶を心を込めて仕上げ加工、通販をしております。

狭山深蒸し煎茶
狭山手摘み茶
狭山ほうじ茶
パウダー狭山茶
狭山紅茶ティーバッグ
送料185円セット商品

また、お茶好きの方へのギフト、贈り物としてもおすすめです。

狭山茶ギフト

狭山茶やお茶に関して、お悩み・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ