新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

【冷茶】冷たいほうじ茶の作り方【1人分】

更新日:2022.7.6

こんにちは、新井製茶の新井です。
狭山茶の仕上げ加工・通販での販売を主にしております。

この記事では「1人分の冷たいほうじ茶の作り方」をご紹介します。
ご紹介する冷たいほうじ茶の作り方をしますと、ほうじ茶らしい香ばしい風味を味わうことができます
また、短時間で作ることもできるのでおすすめです

今回淹れるほうじ茶

狭山 茎ほうじ茶

茎のみを焙じ加工した茎ほうじ茶です。
(当社で販売しているほうじ茶です)

冷たいほうじ茶を作るための茶器など

冷たいほうじ茶を作るための茶器

用意する道具は、600ccの急須と、500cc程のグラスと、茶匙です。
その他用意するものとして、グラスに入れる氷と、浄水器を通した水200ccをご用意ください。

1人分の冷ほうじ茶の作り方

それでは実際に、1人分の冷たいほうじ茶を作っていきます。
お茶の量・お湯の量・お湯の温度・浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)にご注目ください。

冷ほうじ茶の「お茶の量」

ほうじ茶の量

まず、ほうじ茶の計量をします。
通常、ほうじ茶は1人3gです。
ですが、1人分のほうじ茶を作るのに1人分のほうじ茶の量では足りません
ですので、ほうじ茶の量は2人分の6gにします。
1人分のお茶を淹れる時は、お茶の量を2人分にすることがポイントです
茶匙山盛り1杯が3gなので、2杯急須に入れます。

冷ほうじ茶の「お湯の量」

冷たいほうじ茶のお湯の量

次に、急須にポットの100℃の熱湯を100cc程注ぎます
(湯量の目安は、ほうじ茶が浸るくらいです)

冷ほうじ茶の「浸出時間(急須にお茶を置いておく時間)」

浸出時間は、ほうじ茶の場合30秒~1分です
(今回は30秒置きました)

冷ほうじ茶の「水の量」

冷ほうじ茶を作るための水の量

次に、予め計量しておいた浄水器を通した水200ccを急須に注ぎ、追加で30秒浸出させます

氷を入れたグラスにほうじ茶を注ぐ

冷ほうじ茶 注ぎ

氷を入れたグラスにほうじ茶を、氷に当てるように注ぎます。
最後の1滴まで注ぎ切って完成です。

水出しほうじ茶の完成

冷ほうじ茶の「2煎目」について

たいていのほうじ茶は、2煎目も淹れられると思います。
2煎目を作る場合は1煎目と同様にして100cc程の熱湯を急須に注ぎ、30秒~1分浸出させて200ccの水を追加で注ぎ、氷を入れたグラスに注いでください。

まとめ

冷たいほうじ茶を作るポイントは、熱湯で浸出させて氷で急速に冷やしたところです
ほうじ茶を水で浸出させると、ほうじ茶の香ばしい香りや味を引き出しきれません。
ほうじ茶の香ばしい香りや味を引き出し切るには、熱湯で浸出させることをおすすめします。
熱湯を使うことによって、グラスに入れた氷が溶けてほうじ茶の濃度が薄くなりますので、ほうじ茶の量を2人分にすることもポイントです
(濃いめのほうじ茶がお好みの方は2人分よりやや多めに入れてください)
とても香り高く濃厚なほうじ茶が作れますので、ぜひお試しください。

この記事が、お茶好きのあなたのお役に少しでも立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

新井製茶からお知らせ

新井製茶では、お茶好きの方のために旨味を引き出した狭山茶を心を込めて仕上げ加工、通販をしております。

狭山深蒸し煎茶
狭山手摘み茶
狭山ほうじ茶
パウダー狭山茶
狭山紅茶ティーバッグ
送料185円セット商品

また、お茶好きの方へのギフト、贈り物としてもおすすめです。

狭山茶ギフト

狭山茶やお茶に関して、お悩み・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ