新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の特徴・おすすめの淹れ方

更新日:2022.1.21

狭山茶の仕上げ加工・通信販売をしております新井製茶の新井です。

この記事では、狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の特徴の説明、おすすめの淹れ方の解説をします。

ゆめわかばは、品種茶の中でもかなり個性が際立っている品種です。

少し言い過ぎかもしれませんが、あなたのお茶のイメージが変わるかもしれない品種です。

また、個人的印象にはなりますが、淹れ方を変えることで風味の印象が変化する品種茶と言えます。

狭山茶の茶の品種「ゆめわかば」について

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の茶葉

ゆめわかばは、母が「やぶきた」父が「埼玉9号」という在来種です。
(在来種とは、種から育ったお茶のことです)

1番茶の摘採は「やぶきた」よりも1日遅い中生の品種で、寒さに強いのが特長です。

品種茶としての特徴は、萎凋と言って、摘み取った生葉を萎れさせることにより、銀木犀のような香りが発揚します。

人によって、ミルクやバニラのような香りに感じたり、果実や花のような香りに感じることもあります。

また、萎凋させることによって、旨味・渋味が増すとも言われている品種茶です。

今回淹れる「ゆめわかば」の蒸し具合は普通蒸しです。

恐らくですが、半日弱くらいは萎凋させていると思いますので「萎凋煎茶」と言えるお茶になります。

淹れ方は蒸し具合に合わせますので、今回は普通蒸し煎茶の淹れ方になります。

茶器について

狭山茶の品種茶ゆめわかば 茶器

今回使用する茶器です。

250ccの急須と、100ccの湯呑み3客と、湯冷まし器と、ティースプーンをご用意ください。

湯冷まし器をお持ちでない方は、200cc~300ccの器をご用意ください。

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」のおすすめの淹れ方

それでは実際に「ゆめわかば」を淹れていきます。

この記事では、3人分の淹れ方を説明します。

美味しくお茶を淹れるポイントの、お茶の量・お湯の量・お湯の温度・浸出時間にご注目ください。

お湯の量

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」のお湯の量

まず、100ccの湯呑み3客60ccずつポットの100℃の熱湯を注ぎます。

この湯呑みの場合は8分目が60cc程です。

これでお湯の計量ができました。

お使いの湯呑みのどの位が60ccか、予め把握しておくことをおすすめします。

お湯の温度

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」のお湯の温度

湯呑み全体が温まりましたら、急須にお湯を移します。

煎茶の湯温の適温は70℃~80℃です。

今回は「ゆめわかば」の旨味を味わいたいので、やや低めの70℃で淹れます。

湯温の下げ方は、器にお湯を移して、その器全体が温まれば湯温は10℃程下がります。

今回は、ポットの100℃の熱湯を湯呑みに移して90℃、湯呑みのお湯を急須に移して目標の80℃、急須のお湯を湯冷まし器に移して目標の70℃になります。

お茶の量

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」のお茶の量

煎茶のお茶の葉の量は1人2g~3gです。

今回は2gで淹れます。

濃いお茶がお好みの方は3gにしてください。

ティースプーンすり切り1杯が2gなので3杯急須に入れます。

浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)

湯冷まし器全体が温まりましたら、湯温は目標の70℃になります。

今回の「ゆめわかば」は普通蒸し煎茶なので、浸出時間は1分です。

湯冷まし器のお湯を急須に注ぎます。

2煎目のために水位を確認し1分待ちます。

廻し注ぎ

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の廻し注ぎ

1分経ったら注ぎ分けます。

廻し注ぎでお茶の濃度と量が均等になるように注ぎ分けます。

1.2.3と注ぎましたら3.2.1と戻る注ぎ方です。

最後の1滴まで注ぎ切ってください。

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の1煎目の浸出液

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の2煎目の淹れ方

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の2煎目のお湯の量

2煎目は「ゆめわかば」の香りを楽しむために、高めの90℃で淹れます。

まず、ポットの熱湯を湯冷まし器に、おおよそ3人分の湯量(180cc)を注ぎます。

湯冷まし器全体が温まると、湯温は90℃程になります。

湯冷まし器全体が温まりましたら、湯温は90℃になります。

2煎目の浸出時間は1煎目の半分の30秒です。

1煎目の水位まで急須にお湯を注ぎ30秒待ちます。

30秒経ったら、1煎目と同様に廻し注ぎで注ぎ分けます。

最後の1滴まで注ぎ切ってください。

狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の2煎目の浸出液

3煎目を淹れる場合は、ポットの熱湯を急須に直接注ぎ1分程浸出させて注ぎ分けてください。

まとめ:狭山茶の品種茶「ゆめわかば」の特徴・おすすめの淹れ方

この記事では、狭山茶の品種茶「ゆめわかば」を紹介しました。

ゆめわかばは、萎凋させることによって、香りや味が引き立つ品種です。

個人的感想ですが「ゆめわかば」はミルクやバニラのような香り、果実や花のような香りなど、飲み込んだ後の香りが強い品種です。

興味のある方は、ぜひお試しください。

もしかしたら、あなたのお茶の概念が変わるかもしれません。

【狭山茶の通販・オンラインショップ】新井製茶からお知らせ

新井製茶では、お茶好きの方のために旨味を引き出した狭山茶を心を込めて仕上げ加工、通販をしております。

狭山茶に興味があれば【狭山茶の通販】オンラインショップをご覧ください。

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ