新井製茶

〒350-1231 埼玉県日高市鹿山 455-5
エルムハイツA 6号

                               

狭山茶の通販・オンラインショップへ

【茶葉を使った】ほうじ茶の淹れ方・煮出し方

更新日:2021.12.26

狭山茶の仕上げ加工・通信販売をしております新井製茶の新井です。

この記事では「ほうじ茶の美味しい淹れ方・煮出し方」を解説します。

お読みいただきますと、より美味しくほうじ茶が淹れられるはずです。

今回は、当社の狭山ほうじ茶を例に説明します。

ほうじ茶とは、どんなお茶か簡単に説明します。

ほうじ茶は、茎茶や番茶を強火で焙煎したものです。
(焙煎とは、乾煎りのことです)

当社のほうじ茶は、狭山茶(深蒸し煎茶)から抜いた茎茶を強火焙煎した「茎ほうじ茶」です。

番茶ではなく茎茶を原料にする理由は、すっきりした味わいの香りの良いほうじ茶に仕上がるからです。

狭山ほうじ茶

ほうじ茶の特徴は、なんと言っても、香ばしい香りです。

香ばしいほうじ茶の香りには「リラックス効果」が期待されており就寝前に最適です。

また、ほうじ茶の香りには「ピラジン」という成分が含まれています。

この成分は、血流を良くするので、血行促進・冷え性改善効果が望めます。

この記事では、ほうじ茶の香ばしい香りを活かす3人分の淹れ方をご紹介します。

用意する茶器

狭山ほうじ茶の淹れ方 茶器について

600ccの急須と、200ccの湯呑み3客と、茶匙をご用意ください。

ほうじ茶の淹れ方

それでは実際に、ほうじ茶を淹れていきます。

美味しくお茶を淹れるポイントの、お茶の量・お湯の量・お湯の温度・浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)にご注目ください。

お茶の量

狭山ほうじ茶の淹れ方 ほうじ茶の量

まず、ほうじ茶の計量をします。

ほうじ茶の1人分の量は3gです。

3人分淹れるので、茶匙山盛り3杯(9g)急須に入れます。

お湯の温度とお湯の量

狭山ほうじ茶の淹れ方 お湯の量・お湯の温度

次にポットの100℃の熱湯を急須に注ぎますが、湯量は1人分130cc程が適量です。

3人分ですので、390ccの熱湯を直接急須に注ぎます。

急須のどの位の水位が390cc程か、予め確認しておくと便利です。

この急須の場合は8分目程が390ccになります。

浸出時間(急須でお茶を置いておく時間)

ほうじ茶の浸出時間は、原料にもよりますが、30秒から1分です。

当社のほうじ茶は、30秒ほどで十分ですので、30秒とします。

ポットの100℃の熱湯を直接急須に注いで、30秒待ちます。

廻し注ぎ

狭山ほうじ茶の淹れ方 廻し注ぎ

30秒経ちましたら注ぎ分けます。

廻し注ぎで、お茶の量と濃度を均等にしながら淹れます。

1.2.3注ぎましたら3.2.1と戻る注ぎ方です。

最後の1滴まで注ぎ切ります。

ほうじ茶は、基本的には1煎で終わりますが、2煎目を淹れる場合は浸出時間を長めにしてください。

ただ、どうしても風味は薄くなります。

ほうじ茶の煮出し方

量を飲みたい方におすすめなのは、煮出すことです。

分量は、ほうじ茶5g(茶匙2杯程)に対して、水1,000cc です。

水が沸騰したら弱火にして、ほうじ茶を入れます。

狭山ほうじ茶の煮出し方 ほうじ茶の量

ティーバッグにほうじ茶を入れると後処理が簡単ですが、風味をしっかり出すならほうじ茶をそのまま入れるのがおすすめです。

狭山ほうじ茶の煮出し方

2分~3分煮出して、茶漉しなどで茶殻を取り除きながら器に移して完成です。

狭山ほうじ茶の煮出し方 茶漉し
狭山ほうじ茶の煮出し方 浸出液

まとめ:【茶葉を使った】ほうじ茶の淹れ方・煮出し方

今回は、当社のほうじ茶を例に、ほうじ茶の淹れ方を紹介しました。

ほうじ茶の特徴の香ばしい香りを引き出すには、できるだけ熱いお湯を使うのがポイントです。

また、ほうじ茶の量とお湯の量のバランスも大切です。

【狭山茶の通販・オンラインショップ】新井製茶からのお知らせ

新井製茶では、お茶好きの方のために旨味を引き出した狭山茶を心を込めて仕上げ加工、通販をしております。

この記事で紹介した狭山ほうじ茶に興味があれば【狭山茶の通販】狭山ほうじ茶をご覧ください。

       

狭山茶の通販・オンラインショップへ